個々のペースでしっかりと知識を身に付ける

成績をあげる

個別指導の学習塾は神戸

塾にいるのは一週間でたったの2,3時間程度

勉強ができない子供を塾に通わせる親は多いですが、その要望は間違いなく成績を上げてほしいという点です。成績を上げてほしいのに実際に塾に入ってもなかなか成績が上がらないことが多いのはなぜでしょうか。 それは、塾の選び方が悪いという人もいます。確かにそれも当てはまります。しかしそれだけが原因ではありません。学習塾にはできることとできないことがあるのです。親が小中学生の子供と接する時間は一週間で20時間はあるのではないでしょうか。学年が下がれば下がるほど増えていきます。生まれた時からさかのぼればかなりの時間子供と接しているはずです。一方学校は、およそ40時間ほどです。では学習塾にいる時間はどれほどでしょうか。一週間でたった2,3時間なのです。

一番影響力があるのは親

つまり、学習塾で子供の成績を変えることはできますが、それはせいぜい塾の生徒の中でも2割程度です。成績を変えることを1点でも上昇したことと定義すれば60パーセントから70パーセントぐらいはいるかもしれませんが、入会時に比べて1年経過して明らかに点数が20点から30点以上上がったという生徒は2割程度なのです。これは基本的にどの塾でもほぼ変わりません。何故なら塾に通っていても勉強の基本はなかなか出来上がらないからです。勉強の基本は小学校1〜2年生ぐらいまでの環境で変わります。 もし、子供の成績を上げたいと思っているなら、親も一緒になってできるだけ楽しそうに勉強するべきです。それを見た子供は自分が勉強することが当たり前に感じるようになります。

進学をする

学習塾に通う際には目的を明確にする必要があります。難関校への受験を考えているのであれば進学を目的にした学習塾に通う必要があります。難関校の問題を解くための考え方やテクニックを身につけることが大切です。

指導のスタイル

塾は現在非常に激しい価格競争の中にあります。塾の今後の動向については誰もが知りたい事柄の一つだと思いますので、ここで詳説したいと思います。個別指導などをうけることで的確な指導を受けることができます。

信頼関係を築く

個別指導の最大の魅力は、子供たちの学習状況に応じて適切な指導を行ってくれると言う点です。問題をひたすら解くだけの演習塾とは違い、理解できていない問題の解き方や考え方を準備して通塾するとメリットになります。

   
   

金額や価格の傾向

中学受験は小学校で習う範囲で対応できるテストではないため、受験対策の塾や専門的な家庭教師を付けての対策が必要となります。金額や価格の傾向について記述します。塾に関しては有名大手塾から地元の小さな個人塾までいろいろな形態があり相場も異なります。